宇治で美味しいそばを食べるなら、川沿いの十割蕎麦「しゅばく」がお勧め。

宇治川のほとりにある十割そばのお店「しゅばく」に行ってきました。宇治橋の東詰め。朝霧通りを塔の島方面に向かってすぐのところにあるお蕎麦屋さん。この朝霧通り、散歩にもぴったりですし、紅葉・桜・青葉の季節に、ぜひ歩いていただきたいところ。

十割そばの名店「しゅばく」に行こう!

ほんと、ここの十割そばは、おいしいですよ。観光地グルメレベルではありません。そば好きが訪ねても「ほーっと」感嘆できるレベルだと思います。しゅばく=酒蕎麦だそうで、そばに合う美味しい日本酒も用意してあります。

この日の蕎麦は、北海道沼田町産でした。御覧ください。この美しい蕎麦を。わさびを少しだけ付けて一口・・・二口・・・しているうちに食べきってしまいそうで。次はつゆを付けていただきました。

北海道の沼田町、蕎麦の名産地なんですね。知りませんでした。

全国のソバ畑を見ると、実は米からの転作田が圧倒的に多い中、このような傾斜地に作られる畑作ものは貴重だ。また、ソバの名産地と云われる場所は昼夜の温度差が大きいという特徴があるが、沼田町もまさにその通りで、収穫期には昼間30℃近くまで上がる一方、夜間は15℃まで気温が下がるという厳しい寒暖差が作物のうま味を引き出している。玄そば産地:北海道沼田町

しゅばくメニュー

しゅばくメニュー

ざる蕎麦、そして、辛味大根・大根のおろし蕎麦もお勧めでした。この日は、はいからご飯(ねぎと揚げ玉をご飯に乗せてつばつゆをかけたご飯)をあわせていただきました。このご飯もまた美味しい。家でもできそうでしたから、作ってみたいと思います。

鴨のスモーク、メニュー名は忘れましたが、スモークの香りが強く、風味豊かで絶品。

鴨のスモーク
<スポンサーリンク>



十割そばについて少し

十割そばは、ぼそぼそしていたり、太くて食感が微妙だったりする場合もあり、二八の方を好む方も多いと思います。私も十割は当たり外れがあるため、だいたい、二八を頼みます。十割そばは、つなぎを使わないため。美味しい蕎麦を作るためには、良い蕎麦粉を丁寧に打たねばなりません。

十割蕎麦と一口に言っても、十割蕎麦には実に多くのバリエーションがあります。「蕎麦粉だけで打ったから十割蕎麦だ」で済むほど、単純ではないのです。 十割蕎麦を理解するために、ひとまず十割蕎麦を、大きく5種類のパターンに分類してみましょう。十割蕎麦は、もっと細かく分けて説明しないと、本当のところは見えてこないのですが、まずは入門編として、以下の5パターンに分類してみます。美味しい十割そば

そばどころに行くと、玄蕎麦で製粉した十割蕎麦が出てくることが多いような気がいたします。実際は、さらしな粉だけ・一番粉など多くの十割そばがあるんですけどね。

その点、この店の十割そばは、細めでぶつぶつ切れることなく、蕎麦の味・香り・食感と三拍子そろった美味しいお蕎麦。

最初の一口は、蕎麦の風味を味わうために、つゆを付けずに召し上がってくださいとお姉さんに言われました。それにふさわしい味。

しゅばく:食べログ

宇治橋・平等院周辺で、美味しいそば・ごはんを食べたいならば、このしゅばくはおすすめです。紅葉や桜のハイシーズンは、かなり混んでいて行列もできるようです。私が行った9月21日は、並ばずにお店に入れました。


関連記事



<スポンサーリンク>
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031