押し寿司

京都ならでは【鱧の押し寿司】を食べないなんて生涯の損

これは美味しいと、関東育ちの妻が喜んで食べているのが、鱧の押し寿司(箱寿司)。

京都で、有名な食べ物として「」。はもちり・落とし・天ぷらが代表的ですが、それに劣らず美味しいですよ。脂が良く乗っている鱧を照り焼きにした後、包丁で伸ばして箱型にしたお寿司。

似たタイプとして、鯖・穴子のお寿司がありますが、私は、鱧の押し寿司が一番好きです。

<スポンサーリンク>

小骨の多い鱧ですが、きちんと骨切りしてありますから、美味しくいただけますよ。丸物の鱧を包丁で骨切りするのはとてもムズカシイ。鱧と河豚は、プロの料理人に任せた方がいい魚。

鱧の押し寿司

JR京都駅構内にある回転寿司やさん「寿司のむさし」でテイクアウトしている時がありますので、帰りの新幹線で良く食べました。無いとほんとにがっかり。

はもの押し寿司は旨い

甘めのたれでいただきます。

鱧と寿司飯のバランスがちょうど良い感じ。うなぎの蒲焼に比べるとさっぱりしているので、いくらでも食べれてしまいます。

子供の頃から食べていたので、関東では食べる習慣がないと知りびっくりしました。こんなに美味しいのに~

えびの押し寿司

えびの押し寿司もあります。こちらもとても美味しい。

寿司といえば、江戸前のにぎり鮨の方が有名です。関西は押し寿司の方が主流。箱に入れて押すことから、箱寿司とも言われます。今は、京都でも普通に江戸前のにぎり鮨の方が増えています。

鱧の押し寿司、本当に美味しい。一度、食べてみるとやみつきになると思います。

鱧寿司には、二つのつくりかたがあります。

1.鱧を一匹丸ごと利用。鱧を骨切りして、焼きたれをかけて焼きます。この焼き鱧の皮側を上にして寿司飯を乗せて、布巾で締めて形を整えたもの。

2.今回、ご紹介したのが、鱧の押し寿司。鱧の身をほぐして炊いたものを寿司飯の上に乗せて、押し寿司器で形を整えます。

両方、美味しいのですが、鱧の棒寿司はかなりご馳走。押し寿司の方はより庶民的で気軽に食べられる食事。

鱧について詳しく!


関連記事



<スポンサーリンク>
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930